コンプレックスが解消されるときの爽快感はもう目の前に

ウーマン

医師に相談することが大切

カウンセリング

医師のカウンセリングはオーダーの時間

どの美容クリニックでも、二重整形を受ける前には必ずカウンセリングの時間が設けられます。そのときには自分の理想とする目のイメージをしっかり伝えてあげましょう。この時間が仕上がりに満足するか否かに繋がります。イメージする仕上がりの写真があれば分かりやすいものです。最近、テレビで活躍する芸能人の目をイメージに掲げる人も増えていて、簡単にイメージが共有しやすいでしょう。

悩む女性

いくつかの美容クリニックを比べるのもアリ

多くの人から選ばれている美容クリニックでは、仕上がりに満足しない人の為に全切開や目頭切開の修正まで行なっています。その際に掛かる料金は何と、美容クリニックが全負担をするという驚きのサービスまで誕生しています。そのおかげで大きな安心感を得られますが、そもそも修正をしない為には実績豊富の医師をいくつかの美容クリニックから探し出すといいでしょう。

自分の姿に悩みを抱えているなら行動しよう

悩ましい見た目のコンプレックスを解消すると、これまでの劣等感が嘘みたいになくなり自分に自信をもてるようになります。その鍵は美容クリニックにありますよ。どんな一重もくっきりした二重になることだってできるのです。一度は憧れたお人形のような姿を手に入れるまでに、長い道のりを辿る事はありません。

美容クリニックで目頭切開を受ける流れ

カウンセリング

初めて美容整形をする人も納得して手術が受けられるように、しっかりとカウンセリングを進めた上で施術が行われます。施術での仕上がり、経過観察などを一緒に確認しながら進めてくれるから安心でしょう。ここで目の大きさやなりたい瞳のイメージをしっかり伝えることが大切です。

点眼麻酔・デザイン

手術内容に納得すれば、同意書に記入をし施術がスタートします。まずは、局部麻酔をおこなうための下準備として点眼やクリームを使用した麻酔を行ないます。これは、局部麻酔の痛みを最小限にするために行なうものであり、痛みはほとんどなく安心してご利用いただけます。また、ここで施術のイメージを具体化するために、でイニングも行ないます。

局部麻酔(本番)

手術の痛みを軽減させるための麻酔薬は、局部麻酔が行なわれます。これは、施術する患部(まぶた)へ直接注射をして行なう麻酔です。あらかじめ、点眼やクリームを使用した麻酔を行なっているため局部麻酔もチクッとした痛みだけで終わります。

目頭切開手術

デザイニングしたところを中心に切開しながら目の施術を行なっていきます。施術内容は、目頭切開施術で希望した方法が選ばれるため、蒙古ひだを切ったり縫合したりして理想通りの目元にしていきます。この時の痛みはほとんどなく時間も15分たたないぐらいで終了します。

アフターケア

手術はトータルでもデザイニングからトータルしても1時間程度なので、基本的に日帰りで行なわれます。ですから、施術が終わったら患部をアイシングして落ち着いたら帰宅になります。施術によってはすぐにメイクもできますし入浴もできます。ただ、縫合した場合は抜糸をする必要があるので、手術日から約1週間後に再来院しましょう。

自分の理想を実現できる

目元は、顔の印象を決める大事なパーツです。しかし、目が小さい、まぶたが重たいことによって周りの目が気になるという人も多いです。このような場合、目頭切開の手術を受ければ簡単に解消できますし、思い通りの形を実現できるから悩みを解決できるスピードは早いでしょう。実際、施術の選択肢は広く予算に合わせた美容施術が選べるため、安心して受けることができます。また、気に入らない時は修正できるのも、魅力のひとつです。

目のコンプレックスを解消するヒント

埋没法と切開法の選択

埋没法は初心者にお勧め。糸を抜くと元の目の形に戻せるので、初めて二重整形をするときにお試し気分でやってみる人も多いでしょう。特に重ための一重まぶたの場合は、埋没法をすることでパッチリした状態にできるので修正でも人気の施術です。

READ MORE

やっぱりどうしても気になるのは予算

魅力的な美容整形。でもその前にお財布と相談するのが基本。今では安いプチ整形もあれば、支払いが楽な医療ローンもあるので安心でしょう。もちろん、これくらいの予算感で施術をしてほしいという希望があれば、それに沿う形で施術方法を選んでくれるので安心です。

READ MORE

美容クリニックの医師は最後まで味方

念願叶ってやっと美容整形に踏み込んだら、理想の形になるまで妥協したくないもの。そんなあなたの味方に、医師がです。ただ、医師とは相性の善し悪しもあるので、カウンセリングの時点で自分が信頼できる相手かどうかを見極めることが大切です。

READ MORE